• 株式会社テラス
  • 株式会社テラス
  • 株式会社テラス
  • 株式会社テラス
  • 株式会社テラス
  • 株式会社テラス
❖大和当帰の魅力を今に伝える!! [2014.12.31]
大和当帰の魅力を今に伝える!!
大和当帰の魅力を今に伝える!!
大和当帰の魅力を今に伝える!!
大和当帰の魅力を今に伝える!!
大和当帰の魅力を今に伝える!!
大和当帰の魅力を今に伝える!!
推古19年(611)、推古天皇が兎田野(宇陀郡大宇陀町)に薬猟(くすりがり)し、山野に薬草や鹿の若角を求めた記録が日本書紀に残っており、ここ宇陀は薬の宝庫であったことが想像できます。奈良県全体でみても、允恭(いんぎょう)天皇3年に初めて中国より漢方が伝わるなど、薬とは常に深い関わりや歴史がある地域であり、今も奈良県発祥の製薬会社が多数あります。
しかしながら、薬草に関しては漢方薬輸入が盛んになった今では栽培も採取もすたれ、一部の農家が栽培するのみとなっています。
トウキも江戸時代に森野藤助により大和国(奈良県)で見いだされ、主な生産地域である宇陀で栽培加工法が確立されたにも関わらず、現在ごくわずかな地域で栽培されるのみでほぼ絶滅状態です。 今ではトウキといえば北海トウキが主流となっていますが、生薬の品質は大和当帰が良いとされています。中でも奈良県五條市で栽培されていた大深当帰(大和当帰)は最高の品であるとさえいわれています。
そこで、太古の昔より現在まで続く薬発祥のふるさとでもあります宇陀で市と協力して試験的に栽培を行い、大和当帰の生産者数を増やしていこうと計画しています。さらにトウキは本来「根」を乾燥させ主に漢方として利用しますが、トウキの葉も平成24年より「非医」扱いとなったことを受け、様々な商品開発が進められています。
まだ正確な成分分析はなされていませんが、効能や効果も今後明らかになっていく予定です。我々はさらなるトウキの可能性を追求するとともに、栽培方法の確立を目指し、最高品質の大和当帰の復活と普及に努めていまいります。
❖「大和当帰」講習会 [2014.12.18]
「大和当帰」講習会
「大和当帰」講習会
「大和当帰」講習会
現在、宇陀市と連携して進めている薬草プロジェクト、本日は今後当帰を栽培されたい農家さん向けに現場にて当帰の収穫と干し作業の講習会を行いました。
社長よりトウキの栽培について簡単なレクチャーを行った後、みなさんと一緒に掘り出し作業を行いました。掘り出した後は竹べら等で土を落とし、紐でくくったら雨の当たらない場所で数か月間乾燥させます。
僅かな時間でしたが、みなさん熱心に聞き入っており、質問やご意見も沢山いただきました。また、作業を真剣に取り組んでおられる姿がとても印象的でした。みなさまのおかげで大変有意義な講習会となりました。ありがとうございました。
次回は湯もみ作業の講習を予定しております。
❖試作品ぞくぞく開発中です!! [2014.12.01]
試作品ぞくぞく開発中です!!
試作品ぞくぞく開発中です!!
試作品ぞくぞく開発中です!!
試作品ぞくぞく開発中です!!
試作品ぞくぞく開発中です!!
試作品ぞくぞく開発中です!!
いよいよテラス商品の開発を担う加工部門が本格的にスタートしました。 ただ今乾燥させた薬草を使って様々な試作品を開発しています。
粉末にしたり、そのまま調理したりと、料理、調味料、お茶などそれぞれの薬草に一番合う調理方法を試行錯誤しながら開発しています。特に大和トウキは独特の香りと苦みがあり、料理に合わせるとそれらが勝ってしまい、逆にあまり苦みや香りを抑えてしまうとトウキ本来の良さが損なわれてしまいます。(写真にありますトウキのお団子はなかなか美味でしたよ。)
ベストなバランスでなおかつおいしいものをつくるのはなかなか大変です。 現在テラスはお茶や入浴剤、スイーツやハーブソルト等を商品化する予定です。完成しだいなるべく早くみなさまにお届けしたいと思います。お楽しみに♪
株式会社 テラス